おかえり劣等生

 作詞 藤井 樹 / 作曲 藤井 樹

編曲 Broken my toybox

 

 

無理矢理に色をつけた世界で

今日も飛び跳ねて笑っている。

引きつった顔を見せぬように

隣でおどけて踊っているんだ

 

少しずつ気づいてしまうんだ

押し付けられた安直な感情に

無理矢理に合わせた僕の周波数

どこかでノイズが走っている

 

おかえり劣等生 僕らの居場所を守る時だ。

誰の言葉も聞く必要などないさ

いつだって手を伸ばしても見当たらないな

おいで、救いなどない世界へ

 

選択肢はもう数えられなくて

その中に僕の答えなんてなくてさ

模範解答≠当事者が当たり前な世界で

不正解だった理由と行方を探して

 

少しずつ気づいてしまうんだ

誰かが壊れ始めた瞬間に

無理矢理に合わせた僕の周波数

どこかで声が聞こえた気がした。

 

おかえり劣等生 僕らはこれから決める時だ

誰が正しいなんて決められはしないさ

いつだって 問われる前から閉ざしていたんだ。

答えを探して僕らはさまよって

 

おかえり劣等生 僕らの言葉を述べる時だ

誰にも否定されるつもりなんてないさ

いつだって 手を伸ばしても届きはしないんだ

掴んだ譲れない僕の答えと

その手を誰かがまた掴んで

さよなら、僕らのいない世界へ